PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ブログランキング登録中
人気ブログランキングへ
New Entries
Recent Comment
  • 冤罪事件 ちーの災難
    ASA (06/09)
  • 冤罪事件 ちーの災難
    きゃんちぃ (06/08)
  • 行ってきますた! 「花ひろばフリマ(桑名市多度町)」
    ノンタン (12/21)
  • スタッドレスタイヤを買いに・・
    HAYANO (10/23)
  • スタッドレスタイヤを買いに・・
    HAYANO (10/23)
  • イタリアンに「行ったりあん!(パート2)」 マンマミーア(Manmma mia)に行ってきました。
    TOM (08/22)
  • イタリアンに「行ったりあん!(パート2)」 マンマミーア(Manmma mia)に行ってきました。
    yass (08/06)
  • バイキングは“すてーき”に・・「ステーキワン多治見店」
    大竹ママ (06/12)
  • 幼いわんちゃんに「教えて」もらいたい・・・ 「命を慈しむ」ということ。
    TOM (05/17)
  • 幼いわんちゃんに「教えて」もらいたい・・・ 「命を慈しむ」ということ。
    @作ぞう (05/15)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    震災後。。。
    0

      東北で大きな地震があってからというもの
      毎晩3時〜4時までNETに座っている。。。
      もうすっかり夜更かしが身についてしまい、夜ねれない。。。

      被災地は遠く、動物を預かってあげたくても なかなか難しい。
      mixi内やツイッターで 被災地からのSOSを拾っては、近県の預かり表明している方を
      教えてあげるのが精一杯。
      岐阜の公団が 引っ越してくる方のペット預かりを募集ときけば、公団にメールを送って、
      預かりできる旨も伝えたが、反応なし。

      まぁ 被災地でなくとも 我が家のまわりでもいきるのに必死の子はたくさんいる。
      今までもそうだけど、これからも我が家と縁があった子は なるべく救ってあげたいと思う。

      それにしても 今回の被災地への対応は

      ペット王国(先進国)をうたう日本の政府としては おそまつ!!としか言いようがない・・・

      人だけさっさと移動させて、あとはほっぽり!

      せめて保護団体ががんばって保護するのを応援してくれればと思うも

      警戒区域に指定して、応援どころか 締め出す始末

      で どうすんの?

      餓死するまで 待つつもり??

      それぐらいなら 責任とって、非難・罵声あびるの覚悟で安楽死させる?って

      ひややかな目で見ていたら、ほんとうに やるつもりだよ!!

      ばかじゃないのか?

      殺しておしまい!!って こんな安易なやり方しかできないほど 日本政府は低レベル?

      保護するのは大変 って当たり前。

      でも その大変なことを 個人や小さな団体が実際やっているのに

      なんで 政府が出来ない?


      やっと 政府が動き出しそうと思ったら、
      違った方向・・・(同意が得られた家畜から殺処分)

      かなり 失望です。

      たしかに 閉じ込めたまま 餓死するまでほっておくのが
      政府の決めた政策なら、いっそのこと安楽死も。。と思う気持ちもありますが、

      動く気持ちがあるなら、今はまだ安楽死より救助が先の段階だと思います。

      ほんとうに 手遅れの状態の子の安楽死はまだしも、

      まだ元気に動き回っている子たちもいます。

      人間に安全・安全 避難は一応の対策みたいにうたっているんですから、

      元気な動物は保護するべきです。

      家畜としての価値がないから殺すのなら、

      原発の犠牲になった子たちのシンボルとして、

      政府・東電が牧場(東電の持ってるゴルフ場とか)作って、世話すべき!

      牛・馬の寿命は短いのですから、

      今生き残っている子が寿命をむかえるまでなんて この先数十年です!


      殺しておしまい にするなら 中央の対策本部はなんのために寄付・募金を集めたのでしょうか?
      殺処分してまわる獣医さんの日当ですか?

      みんな 助けるために募金したのですよ。

      今 たくさんの人が動物を救うために あちこちにメール・電話・FAXをしていますが、

      その結果がこれだとしたら、

      こんな対策しかとれない政府にあきれます。

      先進国として おそまつ すぎると思います。

      mixi内では 今日 国会議事堂第二議員会館である原発被災の動物救援特別措置の集会にあわせて、会館前で警戒区域内の動物の餌やり・保護を訴える集まりを呼びかけしています。

      わたしも 関東にいれば 参加したいです。

      せめて生き残れる可能性が残っている子だけでも 

      早急に保護してもらえるかたちにかわっていくのを願っています 

      一刻もはやく 警戒区域の動物の保護が再開されることを望みます。 

       

       

       

       

       

      posted by: ASA | ニュース&出来事 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 16:28 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://asaandtom.jugem.jp/trackback/253
        トラックバック