PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ブログランキング登録中
人気ブログランキングへ
New Entries
Recent Comment
  • 冤罪事件 ちーの災難
    ASA (06/09)
  • 冤罪事件 ちーの災難
    きゃんちぃ (06/08)
  • 行ってきますた! 「花ひろばフリマ(桑名市多度町)」
    ノンタン (12/21)
  • スタッドレスタイヤを買いに・・
    HAYANO (10/23)
  • スタッドレスタイヤを買いに・・
    HAYANO (10/23)
  • イタリアンに「行ったりあん!(パート2)」 マンマミーア(Manmma mia)に行ってきました。
    TOM (08/22)
  • イタリアンに「行ったりあん!(パート2)」 マンマミーア(Manmma mia)に行ってきました。
    yass (08/06)
  • バイキングは“すてーき”に・・「ステーキワン多治見店」
    大竹ママ (06/12)
  • 幼いわんちゃんに「教えて」もらいたい・・・ 「命を慈しむ」ということ。
    TOM (05/17)
  • 幼いわんちゃんに「教えて」もらいたい・・・ 「命を慈しむ」ということ。
    @作ぞう (05/15)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    幼いわんちゃんに「教えて」もらいたい・・・ 「命を慈しむ」ということ。
    0
      今日もいやなニュースが目に飛び込んできました・・・



      「熊本の赤ちゃんボックスに3歳児置き去り」「母親を殺害 頭部切断」「妊婦さんの死体が大阪湾で発見」 etc・・・



      そんな中、心が救われるニュースを見つけたのでUPしたいと思います。

       【小さなワンちゃん、子猫を救う。】
       2007年5月14日、山東省青島(チンタオ)市内の市場で、幼犬と子猫が繰り広げる感動のドラマが涙を誘った。話は数日前にさかのぼる。市場で果物を販売している趙(ジャオ)さんは、いつも愛犬の雪雪(シュエシュエ)を連れて仕事に来ていた。お利巧でいつも趙さんのそばを離れない雪ちゃんなのに、時々どこかへ行ってしまう日が続いていた。気になって後をつけた趙さんは意外な光景をそこに見た。
       
       ダンボール箱に捨てられたと思しき子猫が4匹、なんとわが雪ちゃんからオッパイをもらっているのだ!雪ちゃんはまだ1歳にならない子犬で、もちろん出産経験もない。なのにどういうわけかオッパイが出るらしく、子猫たちが無心に吸い付いている。こんなところで母親役をやっていたのかと、趙さんは胸を熱くしたという。
       



      《「雪雪」ちゃんと子猫 心細かったであろう子猫にとって、まさに「雪雪」ちゃんは「救いの神」だったんでしょうね。》


       
       ところがその後、2匹の子猫が死んでいることがわかった。どうにかしないとみんな死んでしまうと思った趙さんは、知人に世話を頼み、1匹はもらわれていった。が、残る1匹は誰が連れて行ったのか突然いなくなってしまった。母として懸命に世話をしてきた雪ちゃんは大ショック、その日から食べ物を口にする元気さえなくなってしまった。市場に来てもただ力なく、ぐったりしているだけの雪ちゃん。
       
       愛犬のあまりの憔悴ぶりを見るに見かねて、趙さんは知人に子猫を返してもらうことにした。子猫が市場に来た途端、雪ちゃんは元気に「お帰り!」といわんばかりにワン!とひと吠え、子猫も返事をするようにニャーと鳴き、感動の再会を果たした。いとおしそうに子猫をずっとずっと舐め続ける姿に周囲の人々は思わず涙したそうだ。
       


      《単なる「動物物の美談」だけではないと思うのは、私だけでしょうか?》




      以前は「みみたれウサギ」、今は「おとぼけにゃんこ(×2)」と同居しているのですが、彼ら(偶然みんな「♂」でした・・・)の「無条件に甘える」しぐさにどれだけ癒され、助けられたか・・・ 私達夫婦には子供がいませんが、この「いとおしさ」を何倍も感じるのが「自分の子供」なんだろうな・・・ と考えたりします。


      少し前から「IQ(知能指数)」よりも「EQ(心能指数)」の大切さが言われ始めましたが、近年の「事件・出来事」を見ていると「日本」という国の行く末はどうなっていくんだろう? と思ってしまうんです(なんかじじぃくさい事言ってますが・・・)。


      どうすれば「やさしく」「周囲を思いやれる」世の中になるんでしょうか?


      重い内容ですみません・・・   ではまた・・・


      posted by: ASA | ニュース&出来事 | 22:17 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 22:17 | - | - | - | - |
        う〜ん確かに。
        何が一番大事な事なのか世の中が見失いつつあるような
        気がします。

        どうも、ごぶさたです。だらけ男@作ぞうです。
        そうですねえ。
        とりあえず朝の挨拶から始めたら良いんじゃないかなと思います。
        | @作ぞう | 2007/05/15 11:03 PM |
        @作ぞうさん、お久しぶりです!

        確かに「人間関係」だけでなく、「慈しみの心」みたいな
        ものが、日本から見失われつつある気がします・・・

        朝のあいさつですか・・・ 昔は学校に行く道すがら、通
        りすがりの方まで「あいさつ」していましたものね・・・

        人とのつながりを感じられる一番簡単で、大切な事があい
        さつなんでしょうね。
        | TOM | 2007/05/17 12:12 PM |









        この記事のトラックバックURL
        http://asaandtom.jugem.jp/trackback/149
        トラックバック