PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ブログランキング登録中
人気ブログランキングへ
New Entries
Recent Comment
  • 冤罪事件 ちーの災難
    ASA (06/09)
  • 冤罪事件 ちーの災難
    きゃんちぃ (06/08)
  • 行ってきますた! 「花ひろばフリマ(桑名市多度町)」
    ノンタン (12/21)
  • スタッドレスタイヤを買いに・・
    HAYANO (10/23)
  • スタッドレスタイヤを買いに・・
    HAYANO (10/23)
  • イタリアンに「行ったりあん!(パート2)」 マンマミーア(Manmma mia)に行ってきました。
    TOM (08/22)
  • イタリアンに「行ったりあん!(パート2)」 マンマミーア(Manmma mia)に行ってきました。
    yass (08/06)
  • バイキングは“すてーき”に・・「ステーキワン多治見店」
    大竹ママ (06/12)
  • 幼いわんちゃんに「教えて」もらいたい・・・ 「命を慈しむ」ということ。
    TOM (05/17)
  • 幼いわんちゃんに「教えて」もらいたい・・・ 「命を慈しむ」ということ。
    @作ぞう (05/15)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    久々の秋?
    0
      JUGEMテーマ:にゃんこ

      我が家で、春・秋は要注意季節。

      ここ丸1年ほど 平和だったのですが・・・

      今 我が家の2階の猫部屋には 1匹の仔猫が隔離中。

      そもそも 昨年の冬、その春〜夏にでも生まれた若い猫が
      我が家の外に出しっぱなしの犬小屋に住み着きました。。。
      春になると 
      なーんか嫌な予感・・・うちの庭で多数の猫・・・(我が家の周辺は野良がたくさん)
      どうも 女の子だったみたいで・・・

      男の子が の順番待ちしてるのを見たときには くらっと

      で その後 夏の間 姿がなくなり・・・

      夏の終わりごろ、仔猫1匹連れて 戻ってまいりました

      基本 手を貸さなくてもいい仔猫(自分で餌を獲れる大きさの子や母猫がいる子)には、
      手を出しません。
      だって この辺猫だらけなんで、キリがないんです

      乳飲み子で捨てられたり、はぐれたりした子を見つけたときのみ、保護&里親探ししてました

      が!!

      今回は 問題発生

      今まで 犬小屋に居ついた子は 大人猫だったので こんなことはおこらなかったのですが

      さすが 仔猫

      こわいもの知らず!!!

      網戸越しに 我が家の4にゃんにアタック

      4にゃんも 相手が仔猫なので、怒ったりしないで、

      興味深々で、網戸をアタック!

      網戸破れそうで こわい・・・病気もっていたり、ノミ移るのも こわい

      日中は まだ暑いので 窓開けたくてもこれでは

      やむなく 窓閉めてがまんしていましたが、

      窓をしめても 仔猫のいる方は網戸。。。

      必死で 網戸によじ登ったり・・・このまま行くと、先週張り替えた網戸がボロボロ

      窓開けれないのも 困る

      と いうことで、

      猫のお母さんに『ごめんね』と謝りながら、捕獲させていただきました。


      捕獲後、そのまま 病院へ直行

      幸い 伝染病とかは 持っていなく、ノミ駆除と虫下しを投与。

      ただ、お腹には 回虫(これは虫下しの薬でOK)と条虫がいまして、

      条虫は 注射でないと駆除できないとのことなのですが、

      体重が 1.4kgしかなくて(普通 2kg以上あってもいいぐらいの子)

      注射は無理。

      まずは 体重を増やしてから、駆除ということで、

      条虫が落ちるまで、隔離(我が家には 尻舐め大好きのちーがいるので)

      2ヶ月半〜3ヶ月くらいの サビの女の子です。

      最初から 怒ったりしない子で、 今は 甘えてきます。

      只今 里親募集



      *お母さんは そのまま 何事もなかったかのように、暮らしております

      仔猫のかわいい様子は 動画でどうぞ

      ↓  ↓  ↓

      http://www.flipclip.net/clips/444ac29521ed4bd012640551de299414/popup


      posted by: ASA | ペット&日常 | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      怪音?!
      0
        JUGEMテーマ:にゃんこ
         












        忙しい夏が 終わりました。

        前々から 気になっていた ふーの【歯ぎしり】らしきもの

        何度か 撮影を試みていましたが、

        気配を感じると やめてしまうため、なかなか録れませんでしたが

        やっと 録画成功!

        ともかく ふーは 寝ていると毎日のように この『音』を出します。

        ずーっと歯ぎしりと思っていましたが、

        撮影してみて よーく見ると、口の動きが?

        もしかして お乳を吸う動き?

        で 歯があるので たまにカチカチ言うのかも?

        だとしたら、毎日夢の中で お母さんのお乳を吸ってる『甘ったれ坊主』?

        TV見てても、結構気になる音です。

        下記アドレスをクリックしてね。動画が見れます

        ↓  ↓  ↓ 

        http://www.flipclip.net/clips/0bfbadbafef238f763d7eb4a12296607/popup


        写真のソーマ君は すっかり 我が家に慣れ、

        日々 破壊行動にいそしんでいます。

        かなり どんくさい子なので、あちこちに登っては

        その際にいろいろなものを蹴落とします。

        ベットの上の おしっこ癖は 新しいマットになってからは ◎です。

        夏の留守中に 寝室のカギを閉め忘れ、

        1週間後 戻ったときには ベットの上は・・・使えそうな状態でなくなっていました。

        爪とぎも、どれだけしかっても この子だけは あちこちで・・・

        かなりの 破壊王です。

        それでも 超甘えっこで、ASAのストーカーなので許せてしまう(猫ばかです)

        噛み付きは ほとんどなくなりましたが、

        月1・2回は、自分のしたいことが遮られたり、甘えたいのにかまってあげなかったりすると

        『やったるでぇ!』の顔になり 飛び掛ってきます。

        最近は そのお顔が わかるので、 その顔になると 逃げれるようにはなりました。

        さて 平和そうな我が家で お決まりの『秋』がやってきました。

        そのお話は次回(なんとか数日のうちにUPします)  
        posted by: ASA | ペット&日常 | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        さがしものはなんですか〜♪
        0
          JUGEMテーマ:にゃんこ
           











          ソーマが我が家に来て そろそろ2ヶ月。

          ついに スプレーらしき行為をしました。

          数週間前から 日に何度か 発情期らしい鳴きかたをするようになっていたのですが。。。



          我が家は ちー(キジ)が結石になったころから 立ちしっこ(我が家では しびび と言ってます)
          をするようになり、立ちしっこ用のトイレがあります。

          ソーマが突然そこに行くと、立ったままおしっこを飛ばしました(トイレでよかった)

          もう これは限界ということで(2ヶ月近くたっても飼い主みつからないし)

          翌日 即去勢!

          手術後は 鳴きわめくこともなくなり、落ち着きました。

          スプレー行為も あの1回後見ていません ほっ

          寝室は カギをつけて 日中は締め切り、夜は ソーマは猫部屋で寝ています。

          私が 寝るときに声かけると、自分から猫部屋に入るようになりました

          大きさから言うと 我が家で1番大きいかも(来てからも大きくなり ふーといい勝負)

          ただ なりは大きいのですが まだまだ子供で

          にいちゃん ねえちゃんにちょっかいだしては 怒られてます。

          食べて(ほんと よく食べます) 遊んで ばたっと 寝ます。

          寝ると 仔猫の寝方で 何をしても 起きません(笑)

          かなり 大物になりそうです

          posted by: ASA | ペット&日常 | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          冤罪事件 ちーの災難
          0
            JUGEMテーマ:にゃんこ

            我が家に ソーマが来て1ヶ月がたち、落ち着いてきたと思っていたら・・・

            ここ1週間ほど前から ある事件が勃発。

            犯人は 気難し猫の ちー と思い込んでいたら・・


























            我が家のにゃんこ劇場で、おわかりいただいたように 真犯人は ソーマでした。

            事件は 1週間前の明け方おこりました。

            明け方 背中の異変に気付き 起きてみると、ASAの背中とシーツがびっしょり・・・

            朝方から 洗濯機をまわし、シャワーを浴びるはめに・・

            翌朝方は ASAの枕元・・・・日中にTOM(旦那)の布団の上・・・

            さらに TOMも夜中に背中をびっしょり・・・

            これだけ 続けば もうなんとかするしかない!

            まずは 寝室にトイレを増設。

            ベットシーツの下は防水シート、日中はベット上にはブルーシート。

            ブルーシートかけとけば やらなくなるかと思いきや、しっかり 何度も!

            そのたびに ふき取りとファブリーズ。

            さらに トイレのしつけスプレーを振りまいていますが、まったく効果なし。

            この 連続放尿魔を すっかり ちーだと思っていました(気難しい子なので)

            そしたら・・・昨日 目撃! 

            何食わぬ顔で 私と寝室に入ったソーマは おもむろに ベットの上で・・・

            さらに 寝入りばなに ASAの枕元に来たかと思うと・・・

            昨夜は その後 ソーマはケージで就寝。

            今 日中は 寝室に猫が入らないように 扉前に棚を置いています。(引き戸なので ちーがあけてしまうんで)

            今夜から しばらくは ソーマは猫部屋で寝かせようと思います。

            ソーマが来てから、我が家の猫トイレは8個に増設

            人間が 2人で1個のトイレなのに、我が家のにゃんこは1匹2個の猫トイレです。。。

            ベット上以外は ちゃんと猫トイレを使うソーマなのですが、

            なぜか ベットの上でするは やめません。。困った君です






             
            posted by: ASA | ペット&日常 | 15:52 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            原発20キロ圏内から来た猫 ソーマ君
            0
              JUGEMテーマ:ニュース

              ソーマ君(南相馬小高区金谷あたりからきました)の飼い主さんは
              さっぱり あらわれず・・・
              あちこちの県外避難所にも チラシはまいたのですが。。。

              我が家で すっかり くつろぐソーマ君。

              首輪をつけてみても まったく嫌がらず すんなり・・・(あおいはいまだに すぐとっちゃう)

              テーブルの上のおかずやそのへんにだしっぱなしのお菓子にも 反応なし・・・

              去勢してなくても マーキングもなしで、

              網戸の前でぽーっと外見てるけど、出たがるわけでもなし

              どうみても 飼い猫(しかも 室内飼いっぽい)

              こんな子で 飼い主さんが探していないのは もしかして 捨てられたのか??

              どちらにしても 1歳くらいの子ですから、身体は大きくても

              まだまだ 子供。

              ながく 飼い主さんと離れていれば、忘れてしまう可能性大。。。

              我が家の ふーやあおいは 来て1年は 旦那が仕事で1週間くらいいないと

              かえってきた時、逃げてました(1時間もすれば 思い出していましたが。。)

              この子の今後のためにも 飼い主さんが現れてくれるといいのですが。。。

              飼育放棄でも 名乗り出てくれれば、安心してこちらで去勢と里親探しできます。(どちらも 早いだけ良いと思います)

              もし 何かの理由で去勢していないなら 勝手にするわけにもいかないので

              あと1〜2ヶ月は そのまま 飼い主さんを探すつもりです。

              もし このブログ見た方で 飼い主さんらしき方の情報知っていたら教えてくださいね

              南相馬の小高区金谷あたりの路上にいました。


              獣医さんで 虫下しの薬をもらって 4日後、検便してもらい

              やっと 我が家の3にゃんと対面しました。

              一晩はケージごしで、2日目からは 自由にしました。

              はじめは あおいが かなり怒っていましたが、

              今は あきらめたみたいです。

              ソーマ的には ちー兄ちゃんが気に入ったみたいで(同じキジだから?)

              ストーカーして うざがられています。

              思ったより 大騒動にならずにすみました。 ほっ


              くつろぐ 4にゃん(あおい→ふー→ちー→ソーマ)

              ↓  ↓  ↓  ↓
              http://www.flipclip.net/clips/c328e017bafb6d296606ffda8cc4e1f0/popup
               



              posted by: ASA | ペット&日常 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              今日のソーマ君
              0
                 ソーマ君は どんどん回復しています。



                今日は ごはんを残しました!!

                猫部屋に入って 1回少なめのごはん。

                1時間くらい一緒にいて、最後にまた 少しあげると、ある程度食べたら、

                残して コタツの中に。。。

                コタツの中で満足そうに毛づくろい。

                なんか とっても 余裕がでてきたみたいです♪



                うれしいな。


                さて ソーマ君の飼い主さん探しですが、 チラシを作りました。

                南相馬の避難所には なんとmixiで地元の方が協力してくれまして

                本日 3箇所の避難所に持っていってくれました。。。感謝!!

                それ以外の県外は 南相馬の市のHPで見ると20箇所以上・・・・

                南相馬の役場の担当の方にTEL。

                ソーマ君を保護したあたりの方が多く避難している場所を尋ねましたが、

                避難当所は 町ごとに固まっていたのが、今は結構2次避難所などに

                散ってしまっていて、ここ!というところはないらしい・・・・

                身近(冬場スキーでお世話になっていた)な妙高の青年自然の家にTELしてみたところ、

                ここには 名簿を見てくれ 小高地区の方はいないとのこと。

                この調子で かたっぱしからTELしようかと思っています。

                どなたか 上越ユートピアくびき希望館の電話番号わかる方いますか?(NET検索してもでてこない)

                しばらくは がんばって探してみます。



                話はかわって

                5月発売のNeko Mon (猫雑貨の雑誌)では

                東北地方太平洋沖地震【チャリティ猫袋】が 企画されています。



                これは いろいろな猫雑貨のお店が 500円袋・1000円袋・2000円袋の3種類を協賛提供。



                送料は Neko Mon編集部が協賛してくれ、お買い上げ金が すべて災害地動物のための寄付金か物資購入にあてられるという企画です。

                15日から メールにて先着順で購入してもらうもので、

                我がNETショップ『福ねこ.com』からも 各1種類の3袋協賛いたしました。

                どこのショップも 値段以上のものを協賛していますので、

                とってもお得に猫グッズが手に入り、しかも そのお金が被災動物たちの役に立つという

                素敵な企画です。

                みんな それぞれ がんばってる!ね
                posted by: ASA | ペット&日常 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                被災地の後遺症は ペットにまで・・・
                0

                  南相馬(原発20キロ付近)から 我が家に来たソーマ君。

                  少し 落ち着いてきました。



                  来て2日は 異常な食欲と しつこいほどのつきまとい・・・

                  やっと ご飯の食べ方が、まぁ 見れる姿に。

                  最初は はっきり言って、きちがいのようでした・・・

                  初日のう○こには ビニールが入っていました。

                  今日 寝床のフリース毛布を見たら、いつやったのか、端のほうがかじってなくなっていました・・・

                  まだ う○こに出ていません・・・(大丈夫?)

                  最初のご飯は 満腹になるまであげようとしたら、吐くまで食べました(普通猫はおなかがいっぱいになると食べるのやめます)

                  吐いたのを また食べようとします・・・

                  もう びっくりして 少しずつの量を 時間をおいてあげるようにしましたが

                  あっという間に がっついて、 もっと よこせ!と癇癪を起こしていました。

                  今 やっと 少し 落ち着いて食べるようになりました。


                  来て3日は もう猫部屋(我が家の3匹とはまだ隔離中)に入ると ずーっとゴロゴロいいながら、
                  必ず どこかが私の身体に触れているように ついてまわります。



                  部屋を出ようとすると 怒るので、 ご飯を少し入れて その隙に部屋から出ます。

                  猫部屋で本を読んだり、なるべく一緒に過ごすうちに、
                  落ち着いてきたのか、今日はご飯のあと、簡易コタツに入って眠ってしまい、
                  部屋を出ようとしても 落ち着いてこちらを見ていました。

                  このコタツ、昨夜ちょっと冷えたので、小型のホットカーペットの上に小さなテーブルを置いて、
                  周りをフリース毛布で囲ったもの。
                  作ったとたんに 入り、かなりお気に召したみたいで、中でくつろいでます。。

                  ほんとうに この子の身に どんなツライことがあったのでしょう・・・

                  現地で見た光景で 私が忘れれないものがあります。

                  灯りの消えた街は それはもう きれいな 満天の星空でした。

                  そんな 星空の下、真っ暗な玄関先で ポツンと座っている猫がいました。

                  近付くと逃げてしまうので、捕獲器をしかけて 保護しましたが、

                  体中ダニにやられ、片目はつぶれ・・・

                  そんな姿になりながらも きっと毎日飼い主さんの帰りを待っていたんだと思います。

                  かなしい光景でした。

                  かえって とんぼ玉で表現してみました。



                  一見地味な玉ですが、たくさんの銀箔を練りこんであるので

                  あのとき見た 満天の星空みたいにキラキラしています。



                  猫ちゃんは ほんとは黒っぽい子でしたが、それではなんだかわからなくなってしまうので

                  白猫にしました。

                  ハートにしたのは、猫ちゃんの飼い主さんを思う気持ちが表現したくて。

                  今も現地では たくさんの保護団体様が1匹でも多くのペットを救うために

                  がんばっています。

                  応援しています。


                  最後に こんな動画を見つけました。

                  見てください(私は こんな動画でも泣けてしまいました・・・)

                  http://www.youtube.com/watch?v=A_sMqAxnFLI 

                  posted by: ASA | ペット&日常 | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  福島 動物レスキューの記録
                  0

                    南相馬市へ行ってきました。

                    本当のことは やはり現地に行ってみないとわからない。。。
                    しかも 本当のことは、
                    良いことも、悪いことも、言えないことがいっぱい。

                    本当に真面目な気持ちで現地に入っている人は
                    あまり多くを語れない・・・

                    今まで私達がNETで見た情報は 憶測や中途半端(おもしろ半分?)で
                    現地に行った人からの情報みたいな感じです。
                    実際行ってみて、いろんな意味でよくわかりました。

                    どのボラ団体様も、疲れもたまり、
                    必要以上にぶつかることがあっても
                    願いは 動物の幸せ。

                    ほんとうに 頭がさがる思いでした。

                    たくさん知って欲しいことが あっても伝えれない。

                    きっと いつか 落ち着いたら・・・

                    善意や勇気ある人達がたくさんいたことを伝えたいです。

                    今は 書けることのみ、書きますね。

                    写真も少しだけ。。。


                    2011年5月6日 

                    PM4時 岐阜を出発

                    PM7時半ごろ 名古屋のボラさん宅を出発(猫の捕獲器やフードをのせて)

                    夜中 ひたすら走り、

                    AM4時 南相馬 到着

                    AM4時半〜7時頃まで 道の駅で 車中仮眠



                    AM7時頃 道の駅で防護服に着替える、自衛隊さんと少しお話




                    浪江町の遺体捜索班の方でした

                    AM9時 相双保健所にて 現地のペット保護依頼の方とお話。

                    ここで 聞いたお話を少し。

                    現地で 保護依頼をうけている飼い主さんから 実際に聞いていた話しでは、
                    TVなどの報道も かなり選んでながされています。

                    NETなどで 声をあげたら?と言ったら、

                    あげた方には もちろん応援のコメ・メッセもありますが、
                    それと同じくらいの嫌がらせやひどいメールがくるそうで、

                    みんな すでにナーバスになっている状態なので、

                    そのメールに耐えるだけの精神力がないんです。

                    これ以上 傷つきたくないんです!

                    傷つくのいやだから じっと 黙っているんです!

                    と ボロボロ泣いていました。

                    その方は 母子家庭で 中・高のお兄ちゃんは 山梨の寮のある学校に転校。

                    下の娘さんと 避難所を出て 近くの実家に身をよせているそうです。

                    みんな 少なくとも2〜3年は帰れないんじゃないか?って心の中では思っているんです。

                    でも 政府が はっきり 言ってくれないから。。。

                    年内とか 言ってるから、あきらめきれずに ここに残っているんです。

                    はっきり 当分無理といってくれれば あきらめれるのに・・・

                    どうしていいか わからない と泣いてみえました。

                    これが 私が実際に聞いた現地の方の言葉です。

                    がんばってください としか 言えませんでした。。。

                    AM10時 南相馬の休業中店の大型駐車場(集合地点)へ

                    埼玉・福井・愛知・神奈川など各地の小さな団体が集まって ミーティング。

                    ここからは 保護活動

                    みんなが それぞれの動き。。。

                    私のグループは

                    まずは 猫の捕獲器を仕掛けながら、放浪犬の保護をしながら

                    保護要請のあったお家へ。

                    一通りのことをして、2時頃 いったん集合場所へ。






                    保護した子たちに スクリーニングをしている間 少し休憩。

                    スクリーニング後、状態のよくない子を搬送ボラさんが来るまでに 動物病院へ。

                    大型犬2 中型犬1 猫 1の4匹

                    衰弱している子は 点滴等、怪我している子は応急処置。

                    この間 別グループが 先ほど 私達が仕掛けた捕獲器の回収(猫3〜4匹)


                    PM5時頃 搬送ボラさんやその日に一旦引き上げるグループに

                    今日の保護動物を引き渡し、そこからまた 猫の捕獲へ。

                    これから 夕方〜朝にかけてが 猫捕獲のチャンス!

                    ひたすら 暗闇で光る目を探しながら、そこらじゅうを走り回り、

                    見つけると周辺に捕獲器を(場所はGPSで把握)



                    PM11時半 一通り 捕獲器をかけ終わり、少し車中仮眠

                    AM1時半 かけてまわったところを すべてまわり、回収

                    AM3時半 回収終了。 猫6匹 犬3匹 保護

                    AM5時半まで 車内のかたずけやミーティング

                    AM 7時まで 車中仮眠

                    AM 7時半 近所の避難所へ(預かりポスターなど)

                    AM 8時  警察署(同じくポスター)

                    AM 9時 スクリーニング 私の値は 0.2マイクロシーベルト

                    AM9時半 動物病院へ 状態の悪い子の応急処置



                    お世話になった動物病院さん(日曜なのにあけてくれました)




                    保護した猫たちは ほとんどが ダニにやられています。

                    AM 10時半 帰路へ

                    ここから ひたすら、名古屋まで走りました。

                    なぜなら 運転が私のお得意だから。

                    大阪・京都から参加、一緒に行動してくれた2人は ほんとうに 猫捕獲のプロ
                    (阪神のときも活動していた方でした)
                    きびきびと 捕獲器を仕掛け、飼い主にも噛み付く獰猛なベンガルにもおくさず!
                    すばらしい!!!

                    今回のレスキュー企画の名古屋の団体様は 交通費や病院代などの資金面で
                    そうとうな負担。
                    もちろん、犬・猫の捕獲もなれたもの。

                    私は ただの猫好きおばさんですから、せめて運転ぐらいはね。

                    ほとんど まともな休憩もとらず、何とか7時半に名古屋の動物病院へ

                    PM7時半 保護動物の基本検査。

                    今回現地であった団体様たちも 頭をかかえていましたが、

                    本当に 犬は8割がたが フィラリア陽性、猫は ほとんど未避妊・未去勢。さらに 半分近くの確率で猫エイズ。。。

                    検査や治療費は 福島県内では 飼い主と連絡がとれ、確認ができたら(電話等)

                    無料ですが、基本首輪をしていても放浪犬は 野良と同じ扱い(もとから野良なんているわけないのに)

                    ましてや 猫なんて 飼い主すぐわかるわけないから。。。

                    ほとんど 保護したボラ団体様が負担です。

                    どの子も ほとんどダニに食われ、怪我(けんか?)しています。

                    そんな中 1匹 奇跡的にきれいな子が! しかも この子は私の呼びかけに答えて出てきた子。

                    エイズも白血病もパラボも陰性(未去勢ですが)

                    1歳くらいの男の子。

                    我が家の猫のことを考えると、預かりはあきらめていた(みんなエイズ陽性でるんだもん)のですが

                    この子なら!と 我が家に連れて帰りました。

                    PM10時半帰宅

                    6日夜〜8日夜まで ほとんど寝ていない。。。

                    食事もなんか食べる暇もないし、興奮と寝ていないハイ状態で食べる気がしないのもあって、

                    口にしたのは、おいなりさん3個、サンドイッチ3袋、シュークリーム1個でした。


                    連れてきた子は

                    アメショウ風の子で
                    ソーマ君(相馬)と仮名をつけて呼んでいます





                    朝見たら、きちんとトイレで 大 していました
                    大の中には、ビニール(ラップ?)の切れ端が出ていたので、
                    どうやら 放浪中におなかがすいて、何か食べ物のにおいのついたビニールを
                    食べたみたいです。

                    もう とんでもなく人なつっこくて、ずーっとゴロゴロ言っています。

                    ただ 大きな音にパニック起こしたり、

                    甘えていたのが、いきなり癇癪おこしたようになって
                    私の足を噛んで(甘噛みに近いので怪我はしていません)飛び掛ってきたりします。

                    よほど怖い思いをしたのでしょうね。


                    少し動画を取りましたので貼り付けます。

                    1歳くらいの男の子です。

                    飼い主さん 見たら連絡くださいね。

                    大事にお預かりしていますよ。

                    ↓ ↓


                    http://www.flipclip.net/clips/74716eadce9a8abced456b315f7642e4/popup

                    http://www.flipclip.net/clips/ea546b563cf972da6d8c3d749aa06b99/popup


                    私には 1匹が精一杯ですが、その分この子のことは
                    責任持って、世話と飼い主が見つからなかったら、
                    幸せにしてくれる新しい家族を見つけます。


                    疲れたけど ほんとに思い切って 行ってよかったです。

                    現地の様子がわかって 気持ちが落ち着きました。


                    posted by: ASA | ペット&日常 | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    猫おばさん 福島へ
                    0

                       原発付近のペットたちの状況は まったく改善されていません。
                      NETでは 室内飼いのにゃんこの共食い写真などが飛び交い、いろいろな署名集めや政府や機関への嘆願、デモなどもおきているのに。。。
                      いまだ 一時帰宅時のペット持ち出しもはっきりしていない・・・

                      悲惨な写真や、やっと保護されてガリガリにやせた骨と皮だけの犬の写真、ケンカのせいか傷を負った子の写真。。
                      見なければいいのかもしれませんが、やはり今実際におこっていることに目を背けるわけには行きません。

                      いろいろな情報が飛び交い、どれが本当なのか?

                      ただ1つ言えるのは まだ飢えに苦しみながら、飼い主が迎えにくるのを待っている子がいるということです。

                      20キロ圏内がまだ避難区域だった頃に何度か現地に保護に行っていた愛知の保護団体様と一時預かりのことでつながりができ、
                      今回 20キロ警戒区域近辺の犬・猫保護に参加することになりました。

                      ほんとにGW中に、急に決まり 東京にいる旦那に電話で許可を。
                      なぜなら、旦那の車を拝借(10人乗りのハイエース)と
                      申し訳ないのが、その間に旦那の誕生日が・・

                      誕生日に1人でご飯。。。悪いのはわかっているけど。。
                      (許してくれて ありがとうね)
                      やっぱり こんな機会はないから 参加したい。
                      地震がおきてから・・・きっと20歳若かったら、絶対考えなしに現地に飛び込んでただろうな。。。もう年だし、体重たいし、なんて考えていた。
                      実際、1人で行っても あまりたいした事できないだろうし。

                      今回は 車を出して運転手が、私の1番の役目かな。
                      長距離運転だけは 得意だし。
                      団体の方は 放射線測定器も持っているし、何度も行っているので
                      スクリーニングの場所とかもよくわかっています。
                      安心して現地にいけます。
                      明日(もう今日だね)夕方出発。
                      夜通し走って、朝着き次第、猫の捕獲器を仕掛けながら、
                      犬の保護。
                      土曜は たぶん車中泊。
                      日曜に、最終保護とスクリーニングを受けてから、
                      帰路に着く予定です。


                      自分の目で 真実を見てきます。
                      たくさん写真も撮ってきます。

                      かなりの強行軍ですが、
                      なんとか がんばってきます。


                       

                      posted by: ASA | ペット&日常 | 02:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      我が家で出来るお預かり
                      0

                        震災後 何件か預かりの依頼(といても関東で見つからなかったときの補助ですが)を
                        受けています。
                        今のところ 関東方面で 無事預かり先が決まり、我が家にくることはなかったのですが、
                        今後、関東方面でのキャパが越えれば、東海でもいいから!って方もでてくるかも。
                        という事で、

                        我が家の預かり情報を書いておきます。

                        こちらは 岐阜市近郊です。

                        まずは お預かりできるのは 猫1〜2匹(仲の良い子たちなら2匹も可)

                        お預かり期間は 半年ぐらいを目安に(1年以内で応相談)

                        お預かりできる猫の条件

                        まずは エイズ等伝染病キャリアでないことが確認できている子。

                        これは 我が家には3匹の猫がいるので、絶対の条件です(先住猫のため、ご了承下さい)

                        避妊・去勢がなされているか、当方で手術するのを了承いただける方。

                        女の子の場合は 発情時の鳴き声が かなり近所の迷惑になるため。

                        男の子の場合は 去勢していない場合、縄張り意識が強いため、多頭飼いの場合、
                        いろいろトラブルがおこる恐れがあるため。

                        当方では 猫は完全室内飼いです。

                        我が家の子たちも 一切外に出さないように気をつけています。 

                        預かり状況は2階に猫用の部屋が1部屋あります。
                         
                        よく子猫を拾うので、しばらく我が家の3にゃんと隔離するためのものです。

                        少しずつ我が家の猫に慣れてもらうため、いきなり一緒にはしません。

                        なれてくれれば、家内は自由に動けます。


                        大きな事故や病気等で高額な医療費が必要な場合はご相談しますが、

                        かるい風邪の症状などの日常の体調不良などは、
                        こちらで負担できる限りはさせていただきます。

                        よく猫拾うので動物病院の先生もよくしてくださいます。

                        ご飯は 何か高級なものがご指定でしたら、送っていただくかたちになりますが、
                        普通のカリカリでいいなら 大丈夫です。

                        我が家のにゃんと一緒に過ごすようになりましたら、1匹結石になりやすい子が
                        いるので、ケアのご飯を一緒に食べるかたちになります。

                        引渡しは 我が家で預かりが決まりましたら、

                        こちらまで搬送出来る方を探すか、

                        あるていどの地点まで連れてきていただければ 引き取りに行きます。(相談)

                        またGW後半(5・6日頃)まで なんとかなれば、今の所、旦那がGWに東京に車で行く予定です。
                         
                        いつもは 私も行くのですが、今回地元クラフト展に申込してありまして、
                        今の所は 旦那のみで行きますが、そのとき引き取ることが決定すれば、
                        クラフトキャンセルして 私も行きます(旦那は仕事で自由に動けないため)

                        我が家は 年3〜5回は東京に行きますので、お返しするときも
                        それにあわせていただければ、負担は軽いと思います。

                        また 保護した猫ちゃんの飼い主様が見つからない時や、飼育放棄したときは

                        里親様探しも 当方のほうでも 出来る限り 協力いたします。
                        (岐阜近郊にきている被災動物は まだ少ないため 見つかりやすいかもしれません)


                        他に関東圏など近い方でいい方が見つかるといいのですが、
                         
                        もし いないときは ご遠慮なくご相談ください

                        岐阜は ちょっと遠いですがなんとかなります。
                        猫ちゃんのためにがんばりましょう!

                        何か聞きたいことある方はコメント、
                        いつでも どうぞ

                        posted by: ASA | ペット&日常 | 00:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |